FC2ブログ
2018. 06. 23  
巨人7対ヤクルト1

勝ち投手:山口俊6勝5敗

交流戦が終わるまでは打線的にムラがあり、1番坂本、4番岡本、そして5番亀井が体面を保っていて、それ以外に不満が残っていた。
シーズンは長いのでいい時も悪い時もあるのだけれど、6番以降はともかく、2,3番は不満が消えることはなかった。

常識的には3番を生かすための2番であるところ、3番が機能しないので21,2番にプレッシャーがかかっていた。
それは守備はともかく、打撃面で落ち続けている吉川に現れていた。
3番をどうにかできないものか、、、と思っていたところ、交流戦明けの昨日からマギーが起用され、結果が出てるなんてものじゃなく、本人もびっくりの状態となっている。
先制タイムリー、そして3ラン。
試合展開的には先制して、早めの中押し、そして止めといういい展開。
プロ入り初スタメンとなった和田も初安打を放ち、バットの方が落ちていた吉川が続いた6回の攻撃も、その前のイニングまでに上位が打って展開を楽にしてくれてた効用が出ていた。
カウント的に追い込まれていた小林が、1塁ランナー吉川のスターとともに1,2塁間に放ったあたりはタイムリーとなり、バッター山口の犠打は結果的にスクイズとなった。
重圧から解放され気味だった吉川の走塁が光ったシーンで、こういう攻撃はベンチにも余裕を与える。

先発山口は、変な力みもなく、コンスタントにバランスよく投げて好投した。
こういうピッチングをしてくれる投手の出現は、今後に影響を与えるだろう。

思わぬ交流戦明けの連勝は、3番がハマってきつつあることの表れかもしれない。

ただ、2番陽の思い違いがどうなるのかだけど。






スポンサーサイト
NEXT Entry
奮輝せよ~どうも何かおかしい気がする
NEW Topics
相手投手に気持ちよく投げさせてどうする?
勝つときは大勝
何も変わらない
勝つ野球は組織だってやるもの
球際の弱さは変わらない
勝とうとしてない球際の弱さ
ささやかな楽しみ
状況に応じたプレーを
将来を見据えようにも今の首脳陣は、、、
志向不明な野球の結果
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
171位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR