2017. 04. 06  
DeNA4対巨人

負け投手:山口鉄也1勝1敗
ホームラン:阿部4号2ラン

移籍初登板の吉川は、球威タップリのストレートを軸にいい球を放ってた。
緊張はなかったと言うけれど、公式戦初登板だし力んでた部分もあっただろう。
でも、このピッチングスタイルにほとんど間違いはないと思われ、今後に注目することができる。
一言あるとすれば、吉川のピッチングフォームには間がなく、球種では緩急の緩がない。
今更フォームは操作できないから、力だけの投球ではなく、緩い球を思い切って使うことを望みたいもの。

今夜の試合は相手投手の出来もよく、それほど打てないだろうということから球数の嵩む中盤以降にチャンスが来るかも、、、と思ってたけど、それにしても阿部のアタリは凄かった。
失投だったとは言え、そこを打ち砕くとはその後のセンター前ヒットと言い、状態の良さは失われてはいない。
しかし、阿部の1本だけでは勝てない。

2番手で出てきた山口は、今期心配してる投手の一人。
ここ数年の台功労者であることは疑う余地はないけれど、肘を故障して以降は元の状態には戻っていない。
いや、もう戻らないと思った方が良い。
以前も書いたけど、制球力をつけ、配球の組み立てで勝負していくしかない。
ここまで勢いだけで成功してたわけでもなく、相手打者やベンチとの勝負に勝ってきた実績というものがある。
今、自分はどういう球を投げて、どういう勝負を挑むのがいいのか。
小林もそこをどう考えていくのか。
よく自分を見極め、バッテリー間で話し合い、今後の方策を探っていかないと、今夜のように徒に四球を出して、、、ということになるだろう。
山口再生にはどうすればいいのか。
そこについてはベンチもよく考えていかないと。
池田という生きの良いサウスポーも出てきてるし、チームとしては今日の敗戦は影響はないけれど、山口の生き生きしたピッチングが見たいものだ。





スポンサーサイト
NEXT Entry
新化6~思い切りの良さとキレ
NEW Topics
急な思いつきは機能しないのは当然
これはもうプロスポーツじゃない
もっと丹念に、そして工夫を、、、
予想通りの敗戦
新化23~緊急展開でハマった継投
新化22~唸りを上げるストレート
鉄腕山口の登録抹消
新化21~上がってた状態が形になった快投
訴えてくるもの、なし
新化20~相手の自滅と綱渡り
Entry TAG
巨人   吉川   阿部   山口  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
29位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR