FC2ブログ
2018. 07. 21  
前の松田スタジアムで菅野がほぼノックアウトされた試合と同じような光景だった。

立ち上がりが良くない菅野は初回に2失点しても収まらず、自慢の制球力が良くなかった。
それでも3回には収まってきた感はあったものの、ギリギリのコースの球は見極められてしまうか、カットされてイタズラに球数が嵩んでいた。
球は中か、逆球になってしまうシーンが結構見られたのと、広島打線のこうした菅野対策が着実にボディブロー7のように効いていた。

先日の登板時の捕手は小林、でも今日は大城。
打てる捕手も大事だけど、まだ若い大城や宇佐見はちょっと使われるとリードで精一杯になってしまい、バットが振るわない。
先日の小林のリードで激怒したベンチは、小林を先発で全く使わなくなった。
でも起用した大城はまだルーキーであり、ベンチの指示でのリードが多かったはず。
ということになるとバッテリーコーチ村田の無策と無能ぶりが出てしまったと言わざるを得ない。

腑に落ちないリード・配球は、攻撃時の仕掛け、そしてリリーフ投手の勝負仕様にも多く見られ、無策に見えたのはバッテリーコーチだけでもないけど、監督の指南に大きく影響を与えてしまっているように見える。
勢いがつけば勝って、なければ無策。
接戦にも大きく負け越すというのは、ベンチによるものだ。


スポンサーサイト
NEXT Entry
奮輝もクソもないな
NEW Topics
相手投手に気持ちよく投げさせてどうする?
勝つときは大勝
何も変わらない
勝つ野球は組織だってやるもの
球際の弱さは変わらない
勝とうとしてない球際の弱さ
ささやかな楽しみ
状況に応じたプレーを
将来を見据えようにも今の首脳陣は、、、
志向不明な野球の結果
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR