FC2ブログ
2018. 08. 14  
勝てた試合だった。
やりようによっては。

8回にまさかの阿部の飛球は、ヤクルト守備陣の守備位置が左打ちの阿部を想定して右寄りだったから、阿部の飛球はレフト、ショート共に無理があった。
言ってみれば、ヤクルトバッテリーの配球ミスが招いたあたりであり、そこで長野までがタイムリー打ったことの循環の良さは、選手にもベンチにも伝わっていなかった。
重信にもうい1本出ていたらよかったんだろうけど、それでも最終回の投手起用をもっと詰めて考えないと。

9回のヤクルト打線は青木から始まる左打者が多い流れだった。
最終回だからアダメスというのではなく、勝とうとすれば池田、中川という左腕、そこにアダメスを含めた複数の投手で抑えきることを考えないと。
今のリリーフ投手を見てると、本来は澤村が努めなければいけないとは思うものの、その前のイニングでの投球は今日の試合に限ったことではないけど、アップアップで、リードしようとする小林が苦心惨憺だった。
澤村を最終回起用はできないとなると、アダメスではなく、アダメスをもっと前向きに力を出させるよう育成していくのは局面ごとの起用法で効果を打ち出し、たとえ一人でも最後に抑え込むことから始めないと、ストッパーは不在のまま。
今日のケースは青木で始まるところ、左腕の池田か中川を起用し、山田を迎えたところでアダメスというような多数の投手で抑え込むようにしないと、投手のやりくりが出来ていないこととなる。

1イニングを一人の投手で、というようなことは今の状況では無理。
育成どころか試合に負けてしまっては何も生まれない。


スポンサーサイト
NEXT Entry
リリーフ投手がザル投手
NEW Topics
期待のポイント~その3
期待のポイント~その3
期待のポイント~その2
期待のポイント~その1
複雑すぎる、、、
チーム強化に向けて、、、外国人選手
チーム強化に向けて、、、左腕投手
チーム強化に向けて、、、外野手の考え方
チーム強化に向けて、、、投手陣の役割②
チーム強化に向けて、、、投手陣の役割
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
998位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
154位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR