FC2ブログ
2018. 11. 04  
今年もソフトバンクが優勝し、2連覇となった。
巨人がセリーグ3連覇を果たした時ですら、日本シリーズでの連覇はなかったのだし、今年のソフトバンクはえっこうな負傷者が出ていたのだから、これはもう偉業と言えるだろう。
特にどちらのチームのファンもなかったけど、考えてみればもう何年もセリーグから日本一は出ていない。
交流戦でもいいように足られているのだから、セリーグ各球団は根本的にチームの編成状況と志向等を考え直さないとしばらくは対抗できないだろうな。

そんな中、ソフトバンクの甲斐の肩が注目を浴びた。
広島の盗塁をすべて差し、もう一人の高谷まですべて差していたのだから、これは捕手の肩だけの問題ではないだろう。
ピッチャーからの投球を受け、盗塁を図ろうとしたランナーに向けての送球が恐ろしく早く、無駄がない。
投手がストレートを投げようと変化球を投げようと同じだったけれど、広島の特性が良く研究されていたのは投手がほとんど落ちる球を投げていなかったことに表れている。
配球もリードも、広島対策がしっかり練られて実行されていたということだ。
しかも、どの投手も出塁を許してしまった後の、マウンドさばき、牽制とかクイックとかが良く鍛錬されていた。
されていたからこその甲斐キャノンの効果が如実に出て、広島は目をつまれてしまった。

捕手の肩と言えば、巨人・小林も相当なものがある。
スローイングの正確さと速さは勝るとも劣らないモノだろうとも思う。
打てないことばかりが注目されてしまう小林は、その特性を生かすための準備をしてるのだろうか。

ベテラン捕手が去り、中堅だった河野が消え、小林・大城・岸田等の捕手が今後リードしていかなけばならない状況において、新人も入ってくるだろうし、それだけではなく外部から入ってくる投手、それに来季も頑張ってもらわなければいけないチーム全投手が来季はどんな取り組みを見せようとしてるのかを把握して、捕手として求めるものを浸透させないといけない。
新たに相川バッテリーコーチが来たけれど、これも新たな水野・宮本投手コーチと相まって、今の状態どういう具合にしなければいけないのか、その考えを一本化してくどい位話して浸透させておかないといけない。
日本シリーズはある意味、捕手の差が出ていた。
これを指導者がどういう具合に自分のチームに置き換え、そして考えを引き出しているのか、捕手自身だけの問題ではなく、指導者も新たな目と洞察力が図られている。


スポンサーサイト



NEXT Entry
チーム強化に向けて、、、捕手編
NEW Topics
2019年日本シリーズ第1戦
ワンチーム
日本シリーズ持ち越しとなったけど、、、
牽引者は亀井
ポイントは丸
最終戦は延長戦
笑顔の引退試合
分かっちゃいたんだけど、、、寂しいよ
戦力となるもの、ならぬもの
全員で勝ち取った優勝
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR