FC2ブログ
2018. 11. 30  
来季は多分、坂本と岡本を軸に打線が編成される。
坂本も岡本も右打ちで、軸となる左打者が欠けている感じがした。

吉川や田中など、ポジションを争いそうな左打の選手はいるけれど、往年の阿部や高橋由は超ベテランや引退してしまっている。
亀井にしてもベテランだし、岡本のサード起用を監督がほのめかしているのだから、ファースト起用となる選手はスラッガータイプの新外国人と思いきや、右打ちのビヤヌエバであり、契約がもう1年残ったゲレーロも右打ち。
喉から手が出るほど、左打ちのスラッガーは欲しかった。
そこでFA宣言をしていた元広島・丸。
なんとなく広島残留かと思っていた。

FAという制度が生まれてからは、自分が生まれた場所等を考えた移籍や残留が多くなった気がする。
丸は千葉から出てきたのだからロッテと思えるところ、居を構える場所を首都圏と考えると、ロッテ移籍はないような気がしていたし、いくら千葉から出てきたとは言っても広島に入団して頭角を現し、しかも家庭もそこにあったとすれば残留の想いが強かったというところ。
だからいい意味で意外だった。

丸の魅力は、基本的に選球眼が良い上に出塁率が今季リーグNo.1だったこと。
その上で打率は3割を超え、ホームラン数も飛躍的に伸びて長打力に長けていた。
巨人はまずセンターラインをというところ、捕手で炭谷を獲得したことでレベルの高い捕手陣の争いが生まれそうになった。
次に内野ではなく、目についた盲点が外野陣だった。
ベテランだらけで、選手の故障が多い。
特にセンターを固定しないとチームの中心軸がしっかりせず、野球そのものが変われない。
守備についても走力についても優れた丸は、正にうってつけであるところか巨人の野球を変えてくれる大きな要素になってくれると思う。

巷でいわれるように3番センターで起用される可能性が高い。
4番は岡本、仮に5番にビヤヌエバとすれば3番に左打ちで出塁率のいい丸がハマれば、相乗効果を生む。
坂本は1番での起用が多くなると思われ、2番に誰がハマるか、後に起用される丸と岡本次第で、大きく戦術が変わる。

マスコミが想像言い条にうるさく、要らないOBの声も聞こえてくるだろう。
あらぬ言われ方もするだろうし、誌面とニュースにおける丸と本当の丸の姿に大きく乖離したものが出てくる。
そこをどう凌いで、丸らしい鍛錬とプレーができるのか。
1歩ずつ丸らしさを発揮できるよう望む。


スポンサーサイト



NEXT Entry
チーム強化に向けて、、、投手陣の役割
NEW Topics
2019年日本シリーズ第1戦
ワンチーム
日本シリーズ持ち越しとなったけど、、、
牽引者は亀井
ポイントは丸
最終戦は延長戦
笑顔の引退試合
分かっちゃいたんだけど、、、寂しいよ
戦力となるもの、ならぬもの
全員で勝ち取った優勝
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR