2017. 04. 25  
広島0対巨人

勝ち投手:菅野智之3勝
ホームラン:マギー3号ソロ

当然のことながら平日の試合だったので最初から見られたわけではないけれど、力と制球力を持ってるエースピッチャーが、詞からに頼る内容となって前回は途中降板となった点から一転して若干力を抑えて制球力を重視したピッチングをしていた。
だからと言って球威がなかったわけではなく、微妙に抑えて投げ損ないを極端に少なくしようとしたピッチングは、配球的な組み立てと状況、相手打者を考慮した内容は、安定感が抜群だった。

ピンチと言えば松山に3ベースを浴びたところではないだろうか。
次の打者がはじき返した球は、意図したところよりも若干高く、そして中に入ったけれど、まだ試合序盤だったことから球威とキレは失われておらず、ライトライナーで事なきを得ていた。
試合終盤のピンチらしい場面は、もう失点することはなさそうな感じで、ピンチと呼ぶには菅野に失礼にあたるだろう。
それ位、制球力と配球バランスが絶妙だった。
これは球数を極端に少なくすることにつながり、試合終盤でのスタミナの問題もクリアしていたし、何より勢いを感じていた。

2試合連続完封だし、これは菅野を称えなくてはいけないだろう。
小林もキャッチャーとしてのリードも冴え、捕手冥利に尽きるところがあったかもしれない。

広島野村は、昨年の結果が自信となっているのだろう。
制球力の良さもあるけれど、石原のリードがいいということの象徴の様なピッチングだった。
1打席目の凡打した球の裏をかいた配球のように見えたマギーの2打席目のカーブ。
いい球だと思えたけど、あれはマギーが読み切らなければ、あんなにためて打てなかっただろう。
しかし、長打を欲しがる傾向にマギーはあるのかもしれない。

制球とバランスはよかった野村。
それでもつけ込む隙は大いにあった。
結果として打ててないところは、今の打線の状況を物語っている。






スポンサーサイト
NEXT Entry
開幕以来の盲点
NEW Topics
勝因は一つ
拙い試合だったかな
ヒヤヒヤの初勝利
上げ潮の状況に水を差したんだろう
まだ分からない打線の効用
この打線の狙いは、、、
相手に恵まれたかな
負けちゃいけない日
上に行けない理由がこんなところにも、、、
3か月ぶりの2勝目
Entry TAG
巨人   菅野   小林   マギー  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
659位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
106位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR