2017. 04. 29  
ヤクルト2対巨人1

負け投手:篠原 慎平1勝1敗

負けという記録は篠原についてしまったけど、明らかに今日の敗因は先発の田口。
珍しく試合開始から見てたけど、なんともノーワインドアップで投げる田口のバランスの悪さに目が行った。
立ち上がりだからよくないのかなとも思ったけど、試合が進行して行ってもよくなる気配すら感じられなかった。
小林との意思疎通も良くなかったのか、納得してピッチングをしているという具合も感じなかった。
結果として8四死球となり、イタズラに球数を要した今日のピッチングは、ヤクルト打線が機能していないこともあって無失点になったということだけ。
無失点は相手に恵まれたということだけど、これで試合が壊れなかったというのは表面的なこと。
そのリズムとかテンポの悪さを矯正するには、まだ篠原では荷が重かったに尽きる。
篠原もまた犠牲になってしまったということで、負け星がついてしまったのは気の毒だった。
ローテーションピッチャーなのだから、登板試合については間があるわけで、何をどう考えて今日の登板になっていたのかそこを突き止めていかないと、次回も期待度は薄い。

ヤクルト小川は逆に身体的にも配球的にもバランスがよく、いいピッチングだった。
その小川を相手に、これだけテンポの悪い試合でも打線は頑張ったと思う。
阿部のタイムリーはさすがのあたりだったけど、打球がほんのちょっと上向きであれば逆転ホームランだったけど、だきゅが上がらなかったのは試合の進行テンポの悪さからくる影響が大きかっただろう。
余談になるけど、長野はストライクかどうかなんて主審を気にし過ぎ。
聞いてるうちは絶対に状態はよくならない。
もっと自分に集中しないとどうにもならない。





スポンサーサイト
NEXT Entry
堕戦、、、
NEW Topics
急な思いつきは機能しないのは当然
これはもうプロスポーツじゃない
もっと丹念に、そして工夫を、、、
予想通りの敗戦
新化23~緊急展開でハマった継投
新化22~唸りを上げるストレート
鉄腕山口の登録抹消
新化21~上がってた状態が形になった快投
訴えてくるもの、なし
新化20~相手の自滅と綱渡り
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
29位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR