FC2ブログ
2019. 12. 17  
今期、途中で楽天からやってきた古川。
異星後の初登板は緊張しすぎてうまくいかなかったけど、シーズン終盤のリリーフ登板ではいい球を投げていた。
ツボにはまれば、こんなに球を投げるんだということに気づかされた。
楽天在籍中のピッチングも何度か見てたけど、捉えどころがなくなんとも、、、という感じだった。
フォームのゆったり感を生かさない手はない。
あれだけの勢いのあるストレートが投げられるのだから。
この投手は移籍と同時にいい意味で変わらないといけないし、そういう方向へ向いている。
菅野以外は、期待はしてるけど、皆先発が約束されているわけでもなく、どうすればいい方向でピッチングが構成されるのか考えておいかないといけない。
それは戸郷も同じ。
いい印象は残したけど、シーズン終盤先発投手が枯渇して、そこで印象を残したという事だけ。
ただこういうチャンスで印象を残せたことは、そういう運命にあるのかもしれず、ただひたすらその可能性を伸ばすだけ。
これからの投手ではあるけれど、大量敵も投球する肩的にもスタミナをつけ、ひたすら鍛錬しないと。一時だけのことになるかもしれない。
あれだけの弾を見せられたら期待しない方がおかしいとおもわせてくれないと。

後はサイドハンドに戻した鍬原がうまくいけば先発に回る可能性がある。
元々サイドハンドだったところ、ストレートを生かすために腕を上げたのだけど、制球力も問題があった。
配球は基本的に捕手が考えるところ、投げるのは投手なのだから投手もしっかり考えないと、制球が乱れ、時に信じられない球を投げてしまう。
それが鍬原に顕著だった。
サイドハンドにして球に落ち着きを持たせることで、ポカがなくなれば先発争いに貼ってくるかもしれない。
春季キャンプでの投げっぷりを早く見たい気がする。

今村は今のままではチャンスはない。
上体が強すぎて、下半身が使えていないからピッチングが小手先となtり、5回戦ボーイまで行ってない。
この状態は何年も続いている。
フォームの見直し、これをよくよく考えて実践しておかないと先発のチャンスはない。


スポンサーサイト



NEXT Entry
期待、、、リリーフ投手①
NEW Topics
期待、、、ライト
期待、、、センター
期待、、、レフト
期待、、、ショート
期待、、、サード
期待、、、セカンド
期待、、、ファースト
期待、、、捕手
期待、、、リリーフ投手②
期待、、、リリーフ投手①
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1091位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
164位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR