2017. 05. 10  
巨人9対阪神7

勝ち投手:大竹 寛4勝1敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗10S
ホームラン:阿部6号2ラン、坂本5号3ラン・6号ソロ、マギー6号ソロ、長野1号ソロ

派手な花火大会のようだった。
阿部のホームランを見てると、バットの軌道が戻りつつあることを確認できたし、坂本のホームランは2本とも実見事な裁き
で右方向へのあたりだった。
マギーの1発もホームランにすることは難しい低めの球で、状態が上がってきてることを感じさせてくれた。
長野はまだまだだけど、今日の1発は彼らしい右方向だったし、凡打した打席でも その傾向が出てきてるということはようやく最低の状態から抜け出そうとしてるのかもしれない。

今日は予想通りトップに石川を起用し、機能したことが収穫だった。
相手が左腕岩貞ということもあり、立岡の状態がいいのか悪いのか分からないこともあったけど、石川の思い切りのいいスイングはその後の打者に影響を及ぼしていたのかもしれず、5本ものホームランを引き出す要素になっていたかもしれない。
ホームランがたくさん出たから欲張ってはいけないけど、今日のタイムリーは小林の1本だけ。
タイムリーを重ねることで打線に勢いを呼び込んでほしいと思っていたけど、それ以上の効果だったかもしれないが、これを勢いに結び付けていってほしい。

先発大竹は、反省点がたくさんあった。
先制した後失点したことや四球で降板するなど、やっぱり球数が80球を超えたあたりになると崩れてくる。
7回のマシソンの登板は、阪神打線を止められるのは彼しかいないのだから当然の起用だった。
だけど、大竹の早すぎる降板がそうした事態とカミネロのイニング跨ぎを招いてしまった。

派手な試合に見えたけど、起用面と戦術面では課題が多い試合でもあった。
でも勝ちは勝ちだから、もっと打線が打線であるために、リリーフ陣の起用状況と場面については更に効果が上がるよう試合を見つめ直してほしい。





スポンサーサイト
NEXT Entry
スライド登板は状況によりけり
NEW Topics
勝因は一つ
拙い試合だったかな
ヒヤヒヤの初勝利
上げ潮の状況に水を差したんだろう
まだ分からない打線の効用
この打線の狙いは、、、
相手に恵まれたかな
負けちゃいけない日
上に行けない理由がこんなところにも、、、
3か月ぶりの2勝目
Entry TAG
巨人   坂本   阿部   マギー   マシソン   長野  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
659位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
106位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR