2017. 05. 13  
広島11対巨人2

負け投手:マイルズ・マイコラス4勝2敗
ホームラン:阿部7号2ラン

今週は阪神・広島と5試合の予定で、いずれのチームも上位チームであり勢いもあり自力もあるチームとの対戦で、チーム状況をしっかりさせていくためにも内容のある試合をしないといけなかった。
だから当初目論んでいた先発ローテーション投手は崩すべきではなく、いくら右のリリーフが不在であり、先日宮國が無様な崩れ方をしたと言っても1試合であって、昨日の試合が雨天中止になったことで昨日の先発だったマイコラスがスライドしてくることについては、良い材料は見当たらなかった。
試合開始前の数時間前の中止ではなく、スタメン発表から試合開始ギリギリの中でもあったことから、マイコラスの気の張り方が問題だと思っていた。

案の定、今日の立ち上がりはいつものマイコラスとは別人で、気の張りをどこかへ置いてきてしまったようなピッチングだった。
丹念に低めを突くような投手ではなく、外国人投手の場合特に気の持ち方で隙ができる傾向にあるところをやっぱりつけ込まれていた。
その証拠に、気を持ちなおそうとした初回以降はマズマズ。
初回にいきなり3失点してたところで打つべき手が後手に回り、ここで今日の敗戦は覚悟してた。

打つべき手が後手に回ったのは、脇谷が代打起用された場面もそういうことで、突っ込むべき場面で突っ込もうとしないとこういう試合になる。
8回の大量失点もそういう流れにあったということで、まあやられ過ぎだな。
中川に関しては、ここまで厳しい場面での登板や打撃技術とパワーに溢れた相手に登板したことがないこともあって、あたふたしてた。
フォームもクセがなく、投げる球も素直なので、なにかこれだという武器を身に着けないと1軍での登板は苦しい。

相手の岡田がメリハリの利いた力のある球を投げていたし、打者はいつもいつも自分のスイングができるわけでもないから、こういう後手に回った試合展開で打てなかったことは仕方がない。
まだ、期待できる状況ではないということだけど、阿部が上昇傾向にあることだけが好材料だった。





スポンサーサイト
NEXT Entry
リリーフ投手再編と打順の再考
NEW Topics
覇気なし、やる気なし
続いてる惨状、、、菅野勝てば、それだけでいい
もういい、、、昨日の惨状以上の惨劇
なめてんのか、、、惨状
気合いは力みではない
フェンスの向こう側
阪神の選手にやられて阪神首脳に助けられた
手放しで喜んでいのだろうか
もうひと踏ん張り、、、
もう鞭は入ってる
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
607位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
95位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR