2017. 05. 14  
広島8対巨人1

負け投手:田口 麗斗3勝1敗

最近の登板では最もいい球を投げていた先発田口。
でもバックが足を引っ張った。
初回と3回の中井のプレーは、プロのセカンドを守ろうというレベルのものではなく、思わず「ヘタクソ!」と声が出てしまった。
出来の良かった田口が被弾し、その後継投へ打って出たが、昨日も書いたように宮國が出てきた時点で試合終盤の惨劇は予想がついた。
使いどころの問題もある。
けれど、リリーフとしてどういう投手を準備させ、用意させていくのかが問題で、相手打者が右から始まるから右投げ投手、左打者を迎えるから左投げ投手でと、決めつきすぎてはいないか。
右のリリーフは不足しているが、左投げは、、、と考えるとそのタイプとここまでの状態をしっかり見て、しかもベンチがどういう野球をしようとしてるのかをしっかり伝えておかなければいけない。
ブルペンとベンチの意思疎通がうまくいってない。

投手もそうだけど、今日の相手は右の岡だということもあって、橋本、重信の、1,2番を組んだ割には6,7番に石川、中井を並べてる。
先日打順を変えたばかりだというのに、この変更には意図を何も感じない。
ほとんど機能しなかったけど、起用された選手選手の最近の動向をベンチはどう考えているのか。
野手のバットがつながっていかないのは、何処に原因がるのかをしっかり把握せず、その場限りの起用に見える。
代打起用についても同様で、起用するにしても何故亀井、村田の順だったのかは大いに疑問。
代打として誰が控えてどういう状態なのか、戦況として何処で代打を送るのか。
ベンチの意図が正しいとは思えない。

こんな野球をしていては負けて当然。
7回を迎えたところで、見るのをやめたけど、結果を見ると予想通りの負け方をしてる。
今の野球では展開を相手の読まれやすいし、意図を感じないから尚更だけど、ファームの方はどうなっているんだろうとよく考えているこの頃。





スポンサーサイト
NEXT Entry
柱の構築
NEW Topics
勝因は一つ
拙い試合だったかな
ヒヤヒヤの初勝利
上げ潮の状況に水を差したんだろう
まだ分からない打線の効用
この打線の狙いは、、、
相手に恵まれたかな
負けちゃいけない日
上に行けない理由がこんなところにも、、、
3か月ぶりの2勝目
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
659位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
106位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR