2017. 05. 20  
DeNA6対巨人

負け投手:内海 哲也1勝4敗

2回の攻撃は理想的な展開だった。
得点圏にランナーを置いてタイムリーが出、打った打者が盗塁を決めてはまたタイムリー、その繰り返し。
長打をと欲張るのではなく、次につなげる展開はこれが打線というものだし、勢いをつけるには良い展開だと感じた。
だが、それは杞憂だった。
3回以降、9回に脇谷が打つまでノーヒットのていたらく。
2回の珍しい展開は各打者とベンチに誤解を呼んでいた。
狙いをどこに置くのか、どうスイングするか、中途半端なままで打席に入るとこういうことになる典型。
打順を組み替え、長野を1番に置いた打線は、1,2番こそ当初は機能したが、そこで誤解を生んだかもしれない。
長野に関しては、トップの位置で期待をしてるわけではなく、6番でしっかり機能し、5番を争うようになってほしいところ、1番でないと機能しないのは気構えだけの問題。

先発内海は10日以上も間をおいてもらいながら、当初から腕が振れていなかった。
何故か怖々投げていたのを目にしたとき、今日はやられると思ったけど、こんな時は何を投げてもダメ。
結果は案の定だった。
桜井は先日とは別人で、まるで球威がなかった。
相手を威嚇するように睨みつけたって、身体が伴っていなければ球はキレず勢いも生まない。
先日いってたストレートが今日行ってなければ組み立てを変えるとか工夫がほしいところ、武器になる変化球が目につかず、勝負にならなかった。
ファームから戻ってきた森福が生き返ったみたいな球を投げていたのが救いだった。





スポンサーサイト
NEXT Entry
新化21~上がってた状態が形になった快投
NEW Topics
チームスポーツって何?
見応えがあるいい試合だった
相手に救われてる
変わっちゃないから酷いのか、、、
酷くはないけど、何も変わっちゃいない
3度目の正直
こんなこともあるんだな
若い芽が吹きかけている
こんな試合をしてるうちは絶対上には上がれない
乾坤一擲
Entry TAG
巨人   森福  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
715位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
105位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR