2017. 05. 24  
阪神1対巨人

勝ち投手:森福 允彦1勝2敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗13S

リリーフ投手がしっかり仕事をしてくれた試合だった。
阪神能見の配球バランスと制球力の良さに、手も足も出ない打線は後半勝負という展開は見えていた。
急遽登板した田原は今季初登板ということもあったし、準備はしてただろうけど、急遽登板という心の準備が追いつかない場面は1失点は仕方がないと思ってた。
さすがに昨年の経験は伊達ではなかったというところだろうか。
阪神の代打・伊藤隼が打たなくていい球を打ちに出て止める技術と備えができてなかったところが大きいけど、田原の球が打つ気をくじくような球であったことも確かなこと。
このイニングを乗り切ったと思ったら、次のイニングも見事なピッチングだった。
この田原を継いだ森福も、今投げてる球には納得がいってることだろうと思う。
時に高めに入る球が気がかりだけど、気が入ってる感じでそれはその次のイニングを投げたマシソンも同じ。
リリーフ崩壊状態が続いていたのが不思議なくらい、田原森福マシソンと見事なリリーフぶりだった。

阪神から見ると監督が言ってた5回の福留の3塁打の後の中谷のバッティングがポイントだった。
ここを凌ぐことになった巨人も同じだけど、こういう試合は先に1点取った方が絶対有利。
それだけにここを凌いだ巨人と8回のピンチに桑原続投、、、いや、このイニングの投手の選択に誤りのあった阪神のおベンチワークと起用された選手の仕事ぶりが勝敗を分けていた。
解明のタイムリーと人が変わったような最終回の長野のバッティングに目が行くけれど、2度もの送りバントがハマっていた点も見逃せない。

先発・吉川に関しては、フォーム的に間がないと何度も書いたけど、フォームで間が取れないなら球種で、ということでカーブを上手に使ってはいたけど、ストレート系の球が暴れ気味だった。
それでも危険球を鳥谷に投げてしまったことは故意じゃないにしろ、命を懸けてプレーをしてるスポーツの中では絶対にやってはいけないこと。
よく、球が抜けてしまったというけれど、プロなんだからこういうことは絶対にやってはいけない。
鳥谷は多分、鼻か頬の辺りに球を受けてしまったけど、出血がすごかった。
決して軽症ではないシーンは無事であることを祈るだけだけど、吉川のプレーは後味がとにかく悪いものにしてしまった。





スポンサーサイト
NEXT Entry
予想通りの敗戦
NEW Topics
目の前の試合を取りに行くなら、、、
多少の不安より、目の前の試合を取りに行く
祝!2000本安打
打てる気がしなかった相手投手
日々成長してる田口
職人寺内がやってくれた
魅力たっぷりの若手捕手
区切りまであと4
代わりの選手がいない
最多勝を取れ
Entry TAG
巨人   田原   森福   マシソン   亀井      長野  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
725位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
116位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR