2017. 06. 01  
楽天3対巨人2

負け投手:森福 允彦1勝3敗

スコア的には僅差でも、内容的には大きな差があった。
一生懸命投げてた池田の奮闘も実らず、代わった田原が3球で同点。
リード的にも可笑しなもので、外国人選手を連続して迎えてストレート系のストライクから入っていくとは、、、恐れ入りました。

下から上げようにも人材がおらず、1軍の選手の硬直さとデコボコ具合を目の当たりにすると、野球をしようにもできないな。
野球は団体スポーツなんだし、それぞれの役目があるはずのところ、そこにハマらない人材ばかりなので状況に応じた作戦も出来ないし、していない。
打線好調な楽天はきっちり犠打を決めてたのに、巨人はその逆。
この辺りは普段の心がけと準備がまるでできてないということ。
打てない、送れない、見切れない。
村田の気まぐれの辺りで何とか点は入ったけど、チャンスをもらっても策は練らず、講じてもそれは状況を読んでおらず、選手は対応が全くできてない。
なんでトップ脇谷で、バントがとにかくヘタクソで打てない立岡が2番なんだ?
山本は昨日エラーしたと言っても脇谷は守備的にアテには出来ない。
使える外野手が石川一人ではどうしようもなく、選手を鼓舞していかなければいけない坂本は縮こまったまま。

打順的にもポジション的にもビジョンがあるのかという位、選手がいない。
同じような選手ばかりで、ちょっと状態が良くなっても1軍に来るとまるでダメ。
使い方にも問題はあるし。

今日の池田は、特にいいというわけではなく、それでも一生懸命投げ込もうした球が適度に散って的絞らせない投球になったということ。
今後どうなるかは分からないけど、監督・コーチにビジョンがないからこういうピッチングを、、、と思ってももうできないだろうな。
投手につけ、野手につけ、なんで同じような選手ばかりなのかは、数字だけを見て現場を知ろうとしないフロントの責任が大きいけれど、フロント自体も人材がいないんだろう。

ドラフトも含めた人材獲得を思うと、どういうチームを作らなければいけないかという中長期ビジョンがまるでない。
その場凌ぎになってるから、すぐFAに手を出し、高い金を払って取った選手はあっちが痛いこっちが痛いと言って仕事をまるでしない。
ビジョンそのものをフロントに丸投げしてるから現場責任者は何もしないできないの状態。

常勝軍団でありたいのなら余計に中長期ビジョンがなければならず、それは現場責任者が中心にならないと。
編成的な大きな問題は、大きな影を落としていることに気が付かないと何も前へ進めない。





スポンサーサイト
NEXT Entry
小林と心中する気か、、、
NEW Topics
目の前の試合を取りに行くなら、、、
多少の不安より、目の前の試合を取りに行く
祝!2000本安打
打てる気がしなかった相手投手
日々成長してる田口
職人寺内がやってくれた
魅力たっぷりの若手捕手
区切りまであと4
代わりの選手がいない
最多勝を取れ
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
725位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
116位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR