2017. 03. 04  
札幌で日ハムとオープン戦が行われた今日。
試合の模様が見られたわけではないけれど、ニュースとして飛び込んできたのが、いきなり初球を相手打者の頭部にぶつけて危険球退場となった澤村のニュース。
初球145キロものストレートがすっぽ抜けたって・・・信じられない。
ストレートって、すっぽ抜ける球種なのか、投球バランスが崩れたんじゃないのかと思うけれど、オープン戦初y登板でこれでは・・・
昨年は足裏の筋肉の断裂があって、それを隠しながら投げてたから踏ん張りがきかず、不安定投球を繰り返したと言うけれど、今年は体調万全なはず。
ここまで順調に来てたと思うし、まだ入れ込むような時期でもない。
それなのに・・・こういうことを起こす投手だから新外国人カミネロ獲得に首脳陣も球団も7動いたということで、その日の投球は投げてみないと分からない投手であることは変わりがない。
多分、開幕時にはマシソンがWBCの影響でいない可能性があるし、山口のロング球宴もどうかなと思うことから、試合中盤以前に先発投手が降板してしまうと、不安が大きい。
そんな中で、何試合も状態を揚げてきつつある福森が頼もしくなってきた。

先発内海は、新球というカットボールを多めに投げたそうで、一定の効果があったらしい。
当然先発の枠に入ってくる投手だし、今日位のピッチングは想定内でちょっぴりホッとしてる。
四球を出したこと、その後安打を打たれてしまい失点してしまったことに反省点はあろうが、セットに入った時の心理的なものと肉体機能的なバランスが課題になるけれど、内海に関してはこの点、引退するまで課題であり続けると思う。
バランスとテンポ。
そこを自覚してトレーニングすれば、先発投手枠の2,3番手に入ってくる。

打線は5回まではよく打てたものと思う。
主軸も打ってたし、下位に起用された若手野手にもあたりが出ていた。
このあたりは相手投手の出来と比例するところもあるので鵜呑みにはできないが、それでも貧打と騒がれてしまう野手陣にとってはいい具合に捉えていいと思うね。
ただ、6回以降はノーヒット。
ここら辺に、このチームの打撃陣の問題が隠されているように思う。

ここまで評判がよさそうな重信が結果を出していたが、立岡もよさそうだし石川と合わせて今日のメンバーではこういう選手たちが打ってくれたことは喜ばしい。
岡本も1本出たけど、この岡本が言ってたように打ち続けていかないと、アピールにはならないし、継続は力なりということもあって、これがどの程度続けられるのかが問題だな。





スポンサーサイト
NEXT Entry
日本のWBCは明日から
NEW Topics
拙い試合だったかな
ヒヤヒヤの初勝利
上げ潮の状況に水を差したんだろう
まだ分からない打線の効用
この打線の狙いは、、、
相手に恵まれたかな
負けちゃいけない日
上に行けない理由がこんなところにも、、、
3か月ぶりの2勝目
期待のハードルは高く持たない方がいい
Entry TAG
巨人   内海   澤村   重信   立岡   岡本  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
829位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
127位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR