2017. 06. 14  
巨人3対ソフトバンク0

勝ち投手:山口 俊1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗14S

乾坤一擲、、、まさしくそんな姿勢を感じた先発・山口。
FAで移籍してきてここまで投げられないとは、山口本人も思っていなかったかもしれない。
それでなくても、OBや評論家をはじめとした外野がやたらにうるさい球団だから、風当たりも強かっただろう。
立ち上がりからしばらくは緊張感でガチガチの表情とは裏腹に、腕は振れていた。
だからストレートは伸びてたし、フォークもキレよく落ちていた。
緊張感があって当たり前だけど、そのために制球はままならず、それが適度な散らしになっていたんだろう。
球種を狙っても球の散りに、ソフトバンクの各打者はうまくミートできないでいた。

元の役割どころにに戻ったマシソンは、水を得たようなピッチング。
元々荒れ球だけど、球にキレがあって勢いがあった分、打たれる気はしなかった。
問題はカミネロだと思ってたけど、山口、マシソンと来た好投差が生み出したソフトバンク打線の狂いは強制されることなく、終わってみれば見事なノーヒットノーラン。
ノーヒットノーラン位、略するとバカみたいだから略せず、きちんとよくやったなあと言いたいな。

守備的にも坂本のフットワークの良さや山本の必死さが出ていて、良く守っていた。

やっぱり課題は打線。
仕掛けが遅いのと、自分の役目がわかってない選手が多すぎ。
そんな中で坂本の2本のアーチは、坂本のスイートスポットに貼ってきた球だったとは言え、見事過ぎるスイングでのものだった。

1か月以上もの間、連勝も3連戦の勝ち越しも見ることが出来なかった。
試合が終わって、何時以来だろうと思ったけど、これで餡した内容でもなかった。
山口は緊張感が高ぶる中良く投げたと思うし、これからに期待したいけど、打線に関してはもっと相手投手の決め球を打つことに集中して欲しい。
状況、もよく考え、そこでどんな打球を飛ばしたらいいのか、そこから考えていかないと、どんな打順を編成したって打てやしないのだから。





スポンサーサイト
NEXT Entry
こんな試合をしてるうちは絶対上には上がれない
NEW Topics
目の前の試合を取りに行くなら、、、
多少の不安より、目の前の試合を取りに行く
祝!2000本安打
打てる気がしなかった相手投手
日々成長してる田口
職人寺内がやってくれた
魅力たっぷりの若手捕手
区切りまであと4
代わりの選手がいない
最多勝を取れ
Entry TAG
巨人   山口俊   坂本   マシソン   カミネロ   山本  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
725位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
116位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR