2017. 06. 18  
巨人7対ロッテ5

勝ち投手:高木 勇人1勝

本当に3度目の正直だった。
途中出場の亀井の打席には、尽くチャンスで回ってきたものの、内角ベルトより低めのストレートにあわない打てないことが続いていた。
外角に目線と神経を持って行かれていたのか、それとも身体の状態が良くないのか、見ていてここは内角球を裁く場面と思ってもバットが出ない。
2度あることは3度あるともいうけど、坂本の2塁打で1点差に詰め寄り、マギーもまた尽く敬遠され・・・
今日2本塁打の阿部が、内角高めのボール球をのけ反って交わした時、体重が曲り切らない右ひざへかかり、途中交代となっていたことを思うと5番に起用される打者がキーとなる予想はあった。

先発大竹の見切りは良かった。
2番手西村もよかったと思うけど、その西村が打順的に5番に組み込まれていたことに、もつれる要素はあった。
マシソンのまさかの被弾。
でもこれは責められない。
ここまでは投手が組み込まれており、攻撃的にはそれ以外の流れの中で得点しなければいけなかったけど、そうはなかな⒥かうまくいかないものだ。
だから、亀井には期待していた。
結果論になるけど、前の2打席のふがいなさが肥やしになった亀井の最終打席は積極性がモノを言った打席となった。

不思議な選手起用も随所にあった。
誰もが納得できる選手起用などないけれど、陽は監督がしっかり納得し、試合後も後悔しなければいい。
ただ、最後の投手となって勝ち星はついたけど、高木勇の起用は気になり続けてる。
何でこの時期に登録したのか。
今日が高木でなく、大竹を先発させたことはどういう意味なのか。
ここまで今日を含めて2試合の登板だけど、下にいた時、先発としての治療回復と調整をしていたと思った高木勇が最後にリリーフ。
明日から4日は試合がないとはいえ、危険な賭けのような登板は凶と出そうになっていた。

ここを踏まえて、しっかり投手編成は考えないと。
交流戦は6勝12敗となったけど、終わり方が良く、今日のように楽典しても逆転し返すものも出てきた。
1軍だけではなく、ファーム以下にいる選手も含め、投手をはじめとした選手構成はよくよく見極めてほしい。





スポンサーサイト
NEXT Entry
酷くはないけど、何も変わっちゃいない
NEW Topics
目の前の試合を取りに行くなら、、、
多少の不安より、目の前の試合を取りに行く
祝!2000本安打
打てる気がしなかった相手投手
日々成長してる田口
職人寺内がやってくれた
魅力たっぷりの若手捕手
区切りまであと4
代わりの選手がいない
最多勝を取れ
Entry TAG
巨人   亀井   高木勇   坂本   マギー   阿部  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
725位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
116位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR