2017. 06. 27  
ヤクルト3対巨人4

勝ち投手:田口 麗斗6勝2敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗15S

田口の出来は良い方ではないにせよ、よく7回途中まで3失点で済んだなと思ったし、得点圏にランナーを置いて3番山田を迎えた時これは交代だよなと思ってたら、マシソンが出てきた。
イニング跨ぎは全く感心しない。
長打のある山田を迎えて、変化球頼みの投手ではなく、パワー系の投手と思った時、西村かマシソンの選択となるけれど、もう2イニングを思う時、8回はマシソンと思うとここは西村と思ってた。
最近はいい球が放れる状態になってきていたということとアウトローにしっかりしたストレート、内角にシュートが投げ込めるタイプだし、内角にシュート攻めもできるということがその想いの根底にはあった。
ただ、真ん中に不思議な球を投げる投手でもあるけれど。
そういう意味でも信頼感には乏しかったかもしれないが、ここで起用していかないと7回あたりのピンチで投入できる投手はいなくなってしまう。

マギーに3つ失策があったけど、最初の方はみていない。
けれど、今日の守備は試合中には矯正できなかっただろうというのは3つ目の失策で分かったこと。

でも打線は全体として相手投手への対策が徹底出来ていた。
とにかくしっかり叩いて打ち返すか右方向へという打撃が、どの場面を見ても実行されていた。
今振れているのは、ここにきて状態が上がってきた長野、何とかしようとしていたのは坂本、辛うじて陽という状態において、打線全体で攻略法に取り組めていたのは、見ていて見応えがあった。
坂本のタイムリーも、長野の一発も実に味があって、内容のある打撃だった。

こういう試合を今日だけに終わらせてはいけない。
今後もこうした試合ができるよう取り組んでいってほしい。





スポンサーサイト
NEXT Entry
チームスポーツって何?
NEW Topics
来期は始まってる~その7
来期は始まってる~その6
来期は始まってる~その5
2017日本シリーズ第6戦
2017日本シリーズ第5戦
2017日本シリーズ第4戦
2017日本シリーズ第3戦
殊勲と別れ
2017日本シリーズ第2戦
2017日本シリーズ第1戦
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
292位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR