2017. 06. 13  
巨人5対ソフトバンク1

勝ち投手:菅野 智之7勝2敗

やっとGMが解任された。
勝つことと育成を同時進行させるのは、本当に難しい。
外部の力を積極的に入れて、それでいて3軍創設。
でも、いつしか3軍だけではなく、2軍も野戦病院のようになってしまい、育成は進まないようになっていた。
ファーム以下は勝つことが第一義ではなく、成長させることが大事なのに、勝つことで脚光を浴びていたように見えた。
1軍で戦力にならなければ、ファーム以下で駆っても、意味がない。
悔しい位、ここ数か月で感じたことだった。
それでも、そういう状況で選手も指導者ももがいていたと思いたい。
GMと球団社長の交代劇に、何も感じない者は不要のはずだ。

そういう意味かどうかは分からないけど、菅野のピッチングには気概を感じてた。
それがしっかり伴い切れたかというとそうでもなかったけど、最終回のピッチングは小林ではなく、菅野が率先してリードし、ストレートで2者連続三振の終結は見事だった。
坂本も何か吹っ切れた部分と粘りのあるプレーぶりで、バットでも守備でも久しぶりに球際の強さを見せてくれた。
試合終盤の重信の二盗、三盗も畳みかけるようでいい作戦だった。
2番セカンドでスタメンに名を連ねた山本も、今後に期待ができるかもしれず、希望だけど辻と切磋琢磨して欲しい。

仕掛けが遅いのが問題だけど、今日位はチームがまとまって勝ちに行ってほしいと思っていたので、菅野の完封など問題ではなく、流れに沿って勝ちに行くことが大事だった。

一つの勝ちだけで信用は出来ない。
交流戦も残すところ5試合。
これを全勝する位の勢いある試合を展開して欲しい。





2017. 06. 12  
明日は読売巨人軍の株主総会が行われるということもあって、GM解任の報道もあった。
これだけの惨状を目の当たりにして、フロントの上層部が責任を取らないわけにはいかないだろうから、何らかの動きはあって欲しいものだと思うし、GM解任は当然のことだけど、どういう戦略を持った人が後釜になるのかが問題であって、現場をよく知り、人脈の広い革新家であればいいと思う。
オーナーも無責任で居られるわけもないから、ここにもしっかり手が入ってほしい。

今日、宮國、池田、クルーズの降格があった。
先輩捕手は指導者の育成方針の犠牲になった池田にはかわいそうなことだったと思うけど、一旦間を取ってこれからの自分のあるべき姿をしっかり把握するためにも、必要な間だったと思える時を過ごしてほしい。
宮國の惨劇、クルーズの無策ぶりからこれは当然の処置だけど、これは内海が上がってくることの裏返しでもあるし、カミネロの復帰も考えられる。
打線のテコ入れとしてギャレットの登録を思うこともあるけど、このチームの野手陣を思うと、まずはピッチングスタッフをしっかりさせることの方が優先される。
マシソンを最後に置いた状況を思うと、リリーフ陣が手薄になることはわかったし、吉川がリリーフに回るらしいことも加えて、もう一人右のリリーフと思うと、カミネロの置かれた立場は重要になる。
まあ、ピッチングコーチやバッテリーコーチがこれだけ使えないと、どうにもならないかもしれないが、選手は与えられた状況で目いっぱいの仕事をしてほしい。
使う方は、投手の誰が柱かどうかというのは1,2人だけ考えて、後はイニングの頭から投手を使っていくよう過信しないでしっかり起用して欲しい。

野手は坂本の戦線復帰がまずあるけれど、ファームから誰か上げるのかもしれず、それは今が旬な選手をタイミングを逃さない具合で考えてほしい。
今、ここ数試合で辻の成長を感じてる、
球際の強さが出てきたし、バットスイングでもヘッドが遠回りしないで鋭く出るようになってると見るが、ここを指導者がどう見るのか。
評価してるのであればセカンドでしっかり起用して欲しいし、打順的には7番でと思う。
こんな時でも孝行息子が出ることもあるし、チーム状況と選手の成長は比例しそうでありながら、実は別のところにあったということもある。
ファームの打撃育成コーチはしっかりしてるので、こういう時に孝行息子が出てきてほしいと思ってる。
ファームでは意外と結果を出してる藤村がいるけど、藤村は外野でも使えるからどうなんだろう。

若手の躍進がないならないで、従来の主力を効果的に使えるようにしないと。
しばらく陽の1番、石川の2番は変えずに、4番にはマギーで下位打線の編成を考えつつ、走塁重視の編成と戦術を使ってほしいと思うのだけれど。
村田、阿部は、スタメンはどちらか一人でいい。
あれだけ全力疾走を怠る選手は、いくら打力があっても他の影響が出るから必要最低限で、ということ。
ここだけ相手投手の右左対応でいい位。

投手バッテリーコーチの強化と打撃担当コーチの意見の集約。
これが今指導者が最もやらなければいけないこと。
指導者の方針が一貫して一本化されていないと戦闘スタイルは作れない。





2017. 06. 11  
日本ハム5対巨人1

負け投手:宮國 椋丞7敗

典型的な最下位チームの様相を呈している。
覇気がなく、集中力も感じられなければ、やる気も感じない。
やってやるぞという気概が全く感じられないのは、連敗中よりも酷い。

一方、日ハムの大田や村田は気概充分で、やってやるぞという気の元に、情けないほどやられてしまった。
このテイタラクに悔しいとは思わない方が不思議。

宮國にしたって、外角球、変化球中心で制球力重視のピッチングは1イニングしか持たなかった。
もう先発失格どころか、一旦ファームに落として役目を変えていった方がいい。
それに加えて、なんでこう持続力がないのかをスタッフもろとも考え直さないと。

打線は酷い。
振り回してるだけでまったく狙いが絞れてない。
今日の日ハム村田が打てなければ、例えファームの投手だろうと打てない。

問題大ありのオーナーやGMをはじめとしたフロントの影響が強過ぎるこのチームにおいて、いくらプレーするのが選手だから、、、ということで選手のせいにばかりしていては勝負にならない。
根本的、早期にその仕組みを考え直さないと、このチームは沈没したままになる。





2017. 06. 10  
日本ハム3対巨人2

負け投手:田原 誠次1敗

まあ4安打じゃ、勝てないよなあ。
しかも、今日の得点は重信の足を意識し過ぎた相手のエラーだったし。

田口は結果としてよく投げた方かな。
でも、立ち上がり大田に1発食らったのは、中途半端な甘いストレート。
真っ直ぐ系で中途半端な高さの球しか打てない打者に投げる球じゃなかった。
中田に逆転打を喰らったのも、中田がマシソン相手にストレートしか意識してないシーンで、変化球攻めで追い込んだのはいいけれど、中途半端に高めの吊球を配そうとしたのが、打ちごろのストライクになってしまった中途半端さ。
いずれも、小林のリード面での失敗。

もっと言うなら、好投してた田口を変えるなら8回頭からだし、マシソンのイニング跨ぎはやっちゃいけない起用。

昨日連敗を止めたのはいいけれど、打てないと言うか得点できない状況は変わっちゃいない。
昨日の打順は連敗を止めるためのもので、いったん止まれば状況をよく考えた打順を組むかと思っていた。
そして選手の意識も。
坂本が体調の関係でスタメンから外れたのはいいとして、そうであればもっと打線編成と状況を考えないと。
連敗脱出の次の試合は大事だけど、そのためにガチガチとなって、これまで繰り返してきた失敗を踏まえないとまた連敗する。

右の中継ぎに人材をかくなら、先発、ファームも含めて人材を作らないと。

一気に状況打開とはいかないから、まずはこの日本ハムとの3連戦で勝ち越すことを優先して取り組んで欲しかった。





2017. 06. 09  
日本ハム1対巨人2

待ち投手:マイルズ・マイコラス5勝3敗、セーブ:スコット・マシソン1勝1S

とにかく止まった連敗。
試合内容はどうあれ、結果として勝つことで負の流れを止めることが第一だった。
正直、今はホッとしてるけど、とにかく長かったな。

最近の登板では、最も良さそうに見えたマイコラスだけど、一つのボタンのかけ違いみたいなこと打たれすと止まらない現象は今日も2回に起こってた。
せっかく先制したのも束の間の反撃だったけど、ピンチでこれ以上1点もやれないというチガチ感の中、クルーズのダイビングプレーが無ければ今日も負けていた。
これで堰き止められたマイコラスのその後のピッチングは、丹念に低めを突くもので、今の日ハムでは攻略は厳しかったということだろう。
イニング跨ぎとか、変な起用さえしなければマシソンは思い切り力を出せるのだから、割と最終回は安心してたけど、それでもとんでもない連敗中だったから、ドキドキしてた部分もあった。

欲を言えばキリがない。
けれど、今日は内容はともかく白星をあげることが第一だったから、何も言うまい。
明日の試合をよく見て見ようと思うな。





2017. 06. 08  
西武13対巨人2

負け投手;池田 駿2敗

見るともなしに見てたけど、先発池田は出来としては先日の登板よりはよかった。
けれど、それだから常に抑えられるわけでもないし。
ちょっと打たれると、要もないのにベンチから尾花が出てくる。
ここは出て、一息入れなきゃいけない場面で何もしない。
初回のピンチと3回の大量失点。
満塁でファーストへのボテボテのゴロは、池田のベースカバーが遅れてはいたけど、早めに入っていても打者走者の栗山の足からしたら間に合わなかった。
さらに次の打者メヒアも打ち取ったあたりが、サード前のボテボテ。
どうしようもない失点は池田の責任にするのはどうかと思うけど、ここまで不運なら投手は気を張れない。
この場面でベンチは沈黙し何もしない結果が、まさかの満塁ホームラン。

どこかの解説者が言ってたけど、日本記録の18連敗をしたロッテより、今の巨人の方が良いと言ってた。
打順もこの状況でとりあえず数字を出してる打者を1番から並べるべきとか。
その声が聞こえたのか、不思議な起用と打順だった。
リアルタイムで見てたけど、18連敗もしてしまった当時のロッテは選手が必死にもがいていたし、今の巨人よりは好感が持てたから勝って欲しいという願いが持て、当時のロッテの方がチームとしてはよかったはず。
打順は順番で役目があるから、今日の打順は大きな間違いだし、まだ長野を使ってた。
起用する外野手が見当たらなければ、ファームから上げればいいし、長野なんかに固執する必要は何処にもなかった。

無様というかあきれるばかり。
阿部の2回の走塁も、慣れないことをやると惨めになるだけ。

硬直してる首脳陣や主力と言われる選手には、何とかしようという気概は微塵も感じられない。
こういう時、選手はコーチや監督の方を見がちになるから、首脳陣が硬直してる状態では何をやってもダメ。

バカオーナーはこの後に及んでも視聴率とか物品の売上という数字ばかり気にして球場にやってきてるらしい。
ナベツネは大嫌いだけど、老害オーナーはそれ以上。
GMと並んでオーナーもここまで典型的なバカ上司としてフロントにいるなら、どんな首脳陣も硬直してしまって当たり前かもなあ。





2017. 06. 07  
西武3対巨人0

負け投手:吉川 光夫2敗

ここまで来ると見るのも苦痛だから、試合は見ないと思ってもニュースとして伝わってきてしまう。

7回の攻撃をちょっと見たけど、連敗してる象徴だった。
亀井のヘロヘロ打撃の後、石川の見事なスイングは2ベース。
クルーズが何とかつないで1死1,3塁の場面で実松に回り、なんと代打長野。
積極性が持ち味の打者が平気で初球ストレートでのストライクを見逃していては、打てるはずがない。
2球目は初球より難しい外角球。
手を出してはいけない球に手を出し、ゲッツー。

選手は勿論、ベンチも硬直し、思ったように身体が動かない。
それを動かせるように仕向けるのもベンチの仕事。
塁に出れば次の塁を目指させるように盗塁をさせるとか、エンドランを仕掛けるとか。
1回の失敗で懲りたりしないで何度でもやらせる。
ここまで負けてるんだから、1,2度の作戦失敗で停滞しないこと。
相手投手がどんなタイプであれ、ファーストストライクから打ちに出るようしっかり指示を出す。
それもベンチ内の指示やサインだけでなく、バッターボックスに向かう時具体的に口頭で指示を出すまでしないといけない。
今のチームは、ファーム相手でも負けるし、アマチュア相手でも負けるだろう。
監督は仏頂面してサインも出さずに立ってるだけなら、しっかり積極的な指示を出して選手に考える間を与えないこと。
今更監督やコーチの鋼鉄など出来ないだろうし、誰の責任でもあるから現場において前のめりにさせる策を講じないと。

ちょっとしたこと。
ベンチ内でも座って深刻な顔させずに、立って声出しを積極的にやらせることも大事。

投手は自分が最も自信を持ってる球を後先考えず、キャッチャーのミットをめがけて投げ込む。
継投は早めにということだから、今日の試合は結果が出なかったとはいえこれでいいと思う。
継投の尾花なんだから、投手コーチはブルペン状況をしっかり把握して早めの継投を、起用する投手を間違えずに指示を具体的に出すこと。
要はキャッチャーで、投げる投手の状況を早めに掴んでバランスよく配球していくことが大事で、投手に気持ちよく投げさせることは二の次である。
情けないバッテリーコーチはあてにせず、現場で起用されてる捕手が監督のつもりでやってほしい。

風穴があくまで、まだ時間はかかるだろうけど。





2017. 06. 06  
西武8対巨人5

負け投手:桜井 俊貴1敗

とにかく内容はどうあれ、勝つことで歯止めをかけなければ。
そういう意味ではエースと4番がしっかりしないといけないけど、それだけ重圧がかかってしまうということ。
今夜の菅野の出来は予想できたことだし、重圧からバックスイングをとる具合が縮こまっていたので、制球がままならなかった。
それでも抑えて初めてエースなんだろうけど、リードしてるのが小林では。
球種、コースに必要のない執着を見せ、逆に菅野を縮こまらせていたのでは、捕手失格。
捕手失格と言えば、ノーヒットで勝ち越された場面もそうだった。
桜井は問題外だけど、西村に関してはどんな特徴があって、どういう球を投げさせれば最も力が出るのかが理解されていない。
今日のスタメンを見た時、9番に捕手小林が入っていたことで今日の姿が見えそうな気がしていた。
教育とか育成とか言ってる場合ではなく、相性も何もこんなにひどい状況の中では無意味なのに、懲りずにまた使う意図が分からない。
分からないと言えば、菅野降板後に何故桜井だったのかも意味不明。
現場の選手に最も受圧がかかるわけだから、こういう時こそ経験のある西村で最初からいかないと。
1,2年目の投手では状況が分かるはずもなく、思った通り桜井は重圧に押しつぶされていた。
小林にしろ、櫻井にしろ、起用した方が悪い。
泣きっ面にハチではないけど、村田が故障してしまったらしい。

こんな具合では悪夢はまだまだ続いていく、、、





2017. 06. 04  
巨人1対オリックス3

負け投手:宮國 椋丞6敗

いろんな選手の入れ替えをやってる。
4人下へ落とし、上げた4人は誰も仕事できないのはどういうわけ?
昨日負け投手になった今村を落として、江柄子を上げてるけど、何が狙い?
長野に拘るのは、契約上下に落とせないとか訳の分からない条項が入ってるとしか思えないし、ファームで結果を出してる旬な選手の見極めも出来てない。
訳が分からない滅茶苦茶な配置と起用、戦術は、現場の選手を黙らせる。
まさしく沈黙の艦隊のようでもある。

ファームでは陽がそろそろ、、、というニュースもあるけど、それがどうした、今まで何やってんだという感じしかなく、仮に上に加わっても何も変わらないだろう。

今日の先発宮國は今日も仕事できず。
先制を許し、追いついたらと思ったら勝ち越される展開で3回3失点という粘りのなさは、結果的に7回3失点というのは結果論でしかなく、凌ぎ合いの状況でのピッチングは先発失格。
打線は新人投手に苦も無く捻られ、ここでも沈黙の艦隊。
狙い球がまるで絞れておらず、データが間違っているか、解釈できない首脳陣のお頭の問題。

選手のみならず、村田ヘッド、村田バッテリー、尾花投手、そして江藤打撃の各コーチは、少なくともファームのコーチと入れ替えた方がまだ見映えがしそう。
ヘッドは文句なくクビだけど。

負けがこれだけ続いてれば大幅な刷新は絶対必要だし、自軍優位の接戦に持ち込むことが大前提。
打てないし、打撃担当のコーチはお頭が弱いのだから打撃戦に持ち込むなど、あってはいけない。
落としたばかりだからできないけど、クルーズ昇格と引き換えのカミネロ降格は間違いだし、中井とついでに落とした山本の降格もそう。
江柄子を上げる位なら、マシな外野手か内野手ながら外野も守れる選手が欲しい。
ついでに重信と藤村を入れ替えたらとも考えてしまう。





2017. 06. 03  
巨人4対オリックス5

負け投手:田口 麗人4勝2敗

今年良くないオリックス松葉に凡打を繰り消してしまう野手陣。
意味不明の小林への代打起用など、懲罰だとアチコチで書かれているが、使ってる方が悪い。
だから、小林と心中するつもりか、、、と言うんだ。

野球は分らないから、力みが他の打者よりもない村田にホームランが出たりするし、大敗が一転して表面的には接戦になったりする。
けど、内容的には大差。
連敗が続いてる状況は、投手がiいたずらに打たれ、捕手がリードできない状況の上、野手陣のバットが振れない、キレない、あたらないのくり返しであり、硬直して下を向き、覇気がない。
村田の前、マギーは四球を選んでたけど、ここから連打で1点ずつ取って、ムードを上げていかないと、何にもならないと思ってたらその通りになった。
先発田口も先日の出来がウソのように勢いもキレもなかった。

なんで今日が田口で明日宮國なの?
順番を入れ替えてどうしようというの?。
何で坂本が1番で、2番がコロコロ変わるの?
いつまで長野を使うの?
休みは与えられているのに阿部のスイングは何故ドアスイングでヘロヘロしてるの?
上げたらキリがない位、選手たちも首脳陣も理解できない。

納得のいく起用や戦術などほとんど見られない今期の野球からすると、選手の編成的な問題も大きいし、首脳陣がどんな野球をしようというのか分からない。
由伸監督は監督になるのは早すぎたか、その器ではないということ。
そうであればヘッドをアテにしたいけど、状況は全くその逆。
采配を迷うように周囲の言葉に耳を傾け、自分の色が出せない。
原前監督は長期政権の弊害が出てしまったけど、やめる前にヘッドとか打撃コーチとか、指導者として積み重ねなければならなかった。
後継者の育成もフロントの仕事だけど、今のフロントは革新的な野心を抱く者と一新しないといけないだろうな。

今、指導者を変えるにも次の者が見当たらないのも事実。
だけど、相当ショッキングなことをしないと光明は見いだせない。
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
715位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
105位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR