2018. 04. 06  
ヤクルト6対巨人0

負け投手;菅野智之2敗

確かにこういう展開は予想しずらいだろう。
エースが連敗、しかもノックアウト。
ただ、いやな感じはオープン戦の頃からあった。
昨年1点台の防御率と最多勝を撮ったエースがさ更なる進化を求めるのは、如何にもプロらしい。
菅野を相手にして立ち向かってくる相手チームも、打倒巨人の近道は菅野を攻略することだから、去年と同じ姿勢とスタンスではやられてしまうと考えるのは当然のように思う。
更なる進化を制球力に求めるのか、配球上に求めるのか、バリエーションに求めるのか、いろんな考え方があると思う。
菅野はその一つに新たなあ変化球を覚えようとした。
シンカーがその新たな球だったけど、ものになっていないのは今のピッチング状態で明らかだと思う。

シンカーは一旦浮き気味となって落ちていく球だけど、投げ方はワンシーム等シュートの投げ方に似ている。
この球を多投する影響は、投げ始めるときに左肩が開き気味となり、他の変化球は変化の具合が従来のものではなく、肝心のストレートも球威が落ちる。

オープン戦の頃から状態が上がってこず、そのまま開幕を迎えてしまったのはこういうところに下人があるかもしれない。
シンカーを会得しようとして左肩が最初から開き、シンカーもそれほどの変化をしないどころか逆の曲がりをする変化球の変化の具合が落ち、自分では制球しようとするもこれまで程の変化をしないため、中に入り気味となるか外れる。
結果として最大の武器であった制球力も落ちる。
更に、制球力を保たせようと手投げになって球威も失うという悪循環。

そんな具合に見えてしまう。
シンカーをどうにかしないとこのトンネルは抜け出せないかもしれない。
シンカーを本当にものにするのか、これを捨てストレートを磨き直すか。
いずれにしても時間はかかるだろうし、きっかけが必要だと思う。





2018. 04. 05  
中日2対巨人3

勝ち投手:大竹寛1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ2S

長野のバットが振るわないと思ってたら、スタメン落ち。
で、亀井を上げて速スタメンはよかったけど、ほとんど機能しなかった。
いつもいつも打てるわけではないが、昨日打てなかったことが影響してたかもしれない。
中日・松坂の出来からして、もっと得点を挙げなければいけない試合だった。
四球をもらって、相手にエラーが出て、、、タイムリーはゲレーロの1本のみ。
陽が欠けてからトップは相手投手によっての起用で、長野のバットが振るわない状態でなければ、長野トップがあり得たと思う。
こういうところに影響が出ているけど、もっと巡りあわせ、次の展開を考え直さないといけないかもしれない。

ほとんど見れてないから何とも言い難いけど、澤村の失点はイレギュラーヒットでの躓きだったし、上原がランナーを許してしまったのも、あっちだこっちだとタイプではないのにバイプレーヤーのような起用になっている中井のエラーだった。
これは中井のせいというより起用法の問題だと思う。
でも、マシソンは思ったほど状態は悪くなかったし、カミネロは失点する感じもなかったから、この4人が今のチームの肝であることは確か。
でも、こんな野球をしてたのでは勝ち抜けない。
いつか停滞して悲劇のような時がやってくる。
そうしたことを防ぐためにも、選手起用と相手投手への対策からくる作戦立をしっかりさせないと。





2018. 04. 04  
中日4対巨人1

負け投手:吉川光夫1敗

4回の2死1,3塁で迎えたバッターは投手のガルシア。
2死だし、1塁は埋まってる状況でここは明らかなバッター勝負。
申告敬遠などあり得ない状況で、ここはバッターを打ち取ることに専心することは当然のことだけど、出来れば三振が欲しかった。
ボテボテのゴロにサードマギーは突っ込みきれず、中日側のリクエストで判定は覆った。
一方巨人側にもリクエストがあった。
6回の1死2塁での牽制はアウトみたいに見えたけど、このリクエストは判定通りとなり、その後谷岡がピッチャーゴロの2塁への送球は大きくそれたエラーとなった。
この場面は、ホームゲッツーか通常のゲッツーを狙うのは当然のことで、谷岡の2塁送球はベンチがそう指示していたことでのことだった。
ただ、バッターランナーに足があったことで送球を焦ったということだろう。

リクエストはいずれも中日側への判定となり、いずれも失点につながった。
しかも四球が絡んでいた。

巨人もヒットは打てずとも数多く四球をもらいながらも、決められなかった。
勝手に苦しんでいたガルシアを攻略できなかったことは対策が練り切れておらず、狙い球を何故か絞れていなかったためかもしれない。
四球で苦しむ投手には、ストライクを欲しがり中に入ってくるストレートを狙っていかないといけない。
その狙いが徹底できてなかったこともあるけれど、ガルシアは力を抜いてストレートを投げてはいなかった。
打ち崩すことが難しい打ちにくいストレートだったかもしれないけど、ここを打破出来なかった今日は負けても当然だったと言うことになる。

先発吉川は可もなく不可もなくだけど、次回登板を見ないと何とも言えない。
ただ、去年のような暴れっぷり、急変はなく、もっと投げさせてもいいかもしれなかった。

リリーフに出た谷岡は小林のリードだろうけど、イメージからくるフォークが多すぎ。
球質自体と投げ方は進歩してるのだから、それを谷岡自身が信じ、捕手はもっと配球組み立てを考えないといけない。





2018. 04. 03  
中日3対巨人10

勝ち投手:山口俊1勝

18安打で10得点。
その中には相手からもらった四死球多数あり、エラーもあったけど、長打は岡本と坂本の2ベースだけ。
根気よく、打者から次打者へ、、ということもあるけれど、流れを渡さず次のイニングへ向かっていき、1点差に追い上げられても追いつかれる感じどころか逆に岡本の技のタイムリーで突き放していた。
3本連続の内野安打が出た9回は、次から次へと繋がっていて5得点。
吉川も坂本も岡本も猛打賞。
試合途中での打撃状態の修正も出来ており、安打は出なくても必死のプレーを続けているゲレーロは良い循環の中にいて最後に結果が出ていた。

先発山口は良いとは思えなかったけど、何故か曲が理が大きめだったスライダーに中日打線が合わせられず、ストレート系が多めとなった6回に3失点。
ここも思い出したようにスライダーを投じ、フォークを交えて追いつかれずに済んでいた。
問題は次回登板の時にどこまでピッチングを落ち着かせるかと言うことになるけれど、それは球速はともかくストレートをどこまで低めへ投じられるかだろう。
でも、山口本人に浮かれたところはなく、次回に期待したい。
今日の試合は打撃で突き放した技ありタイムリーを放った岡本と、投手では落ち着き払った澤村のピッチングと躍動感に溢れスプリットの操り加減がいい状態であった上原が肝だった。

心配なのは死球交代となってしまった陽と最後に投げたマシソン。
陽は骨折だけに、それでも少ない外野手状況を思うと、中井が外野もできると言うことを思ってもファームから外野手を上げておく必要があり、打順をどうするのかという問題が出てきてしまった。
1番打者を変えるのか、他の打順も含めて変えるのか、良い状況の打線に影響が出なければいいのだけれど。

マシソンは投げてる球がまだまだのものであり、暴れてるのかとか決まらないというものではなく、身体の何処かが悪いのではないのかという感じだった。
ここまで登板がなかったのもそうしたことからのものかもしれず、非常に不安でもある。
澤村や上原の酷使ということを避けるためにも、マシソンの状態を上げてるか左のリリーバーがもう一枚必要だろう。





2018. 04. 01  
巨人3対阪神2

勝ち投手:野上 亮磨1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1S

カード勝ち越しにはホッとした。
開幕3連戦は、通常の3連戦とは違い、もたらされる緊迫感も自分が高揚してる中でどう対処するのかが非常に大事なことで、ここでどうするかが大きく影響するはず。
少ない安打でどう少ないチャンスをものにするのか。
昨年まで生かし切れなかったこの境遇で生まれた岡本の2夜連続の3ラン。
見事なあたりだったし、配球というより相手投手の数少ないミスショットを見事にとらえていた。
このイニングのゲレーロのあたりが2ベースになったことは、打撃の後の全力疾走をゲレーロが怠らなかったことによってもたらされたヒットだったのかもしれない。
初回の守備で、ゲレーロなりに必死に打球に飛び込み、好守備を見せてくれたことにゲレーロの心構えが見て取れる。
諦めが速く見えた昨期。
ともするとそこから全力ププレー怠っているように見えていたベテランたちの姿は、今のところ見えない。
例え凡打でも、全力疾走は当たり前のことで、そういうこともできず、バットを振るだけの選手はスタメンに入らない。
基本中の基本のことだから。

ゲレーロの全力プレーは良いことだし、少なかったチャンスに自分の理屈が花開いたような岡本のバットは、こういう局面で出るとその効果の大きさが分かるホームランの威力を見せてくれた。

投手に関しても澤村のフォームと表情に力みが無くなり、安心して見られると同時に上原の燃え滾る心情は躍動感となって表れている。
野上は初登板としてはこんなものだろうけど、被弾はいずれも失投。
それも止む無きかなと思いたいところだけど、先制を許さない投球をしてほしかった。
この3連戦はいずれも先発が問題ではあった。
本人の問題もあるだろうけど、指名して準備させるコーチはもっとこういう展開を振り返らないといけないだろう。





2018. 03. 31  
巨人8対阪神4

勝ち投手;澤村拓一1勝

4点ビハインドのゲームを追いつくどころか、終わってみれば4点差をつけていた。
昨年4点差以上のゲームを逆転したゲームなど、1試合しかなかった。
それも昨年のスタメンにはほとんど名前がなかった岡本のタイムリーから始まっていたところが、痛快だった。
期待の吉川にも今期初安打が生まれたところか2本目も出ていた。
こういう若手が打ったことで打線が活気づくと、面白い展開になる。

今日の岡本は1ホームランを含む4安打1四球。
スタメンマスクの小林も昨日に続いて2安打、そして四球。
昨年、スタメンに生がなかった若手と身長よりほんのちょっと嵩んだ数字の打率しか残せなかった選手が、わずか2試合とは言え、打率10割。
これも昨年はなかったことだし、思いもよらなかったことだった。

阪神投手が悪戯に四球を出し、巨人野手は四球をもぎ取る。
四球を多く出してしまうと投手はストライクを欲しがり、甘くなるか修正が効かなくなるのでそこをつけ込む。
これがここ数年できなかった。
明日はどうなうのか分からない。
でもこういう試合は士気が上がるだろう。
早くも昨日今日で投手以外の野手全員がヒットを放ったことになった。
これも異例。

投手に関しては先発田口が、阪神戦に強かった昨期のピッチングが見られなかった。

昨日の菅野もそうだったけど、中途半端に球が高く中に入ってる。
初登板での緊張にしても昨日に続いて2人も出てしまったことが気にかかる。
昨年いなかったリリーフの澤村と上原がいい状態でいてくれたことは心強いけど、先発投手でピリッとしたピッチングをしてくれる投手が出てきてくれないと。





2018. 03. 30  
巨人1対阪神5

負け投手:菅野智之1敗

平日となった開幕試合は、いつものことながら見られなかった。
見始めたのは4点リードされたところからだったから、立ち上がりの菅野の様子は分からない。
難解経験しても開幕試合は酷い緊張するそうだから、菅野も人の子だったということになるだろうか。
相手がメッセンジャーと来ては接戦になるかと思いきや、こういう展開は開幕戦ならではという部分でもあり、巨人には凶と出てしまった。
見始めてから感じたのは、菅野投げる姿に躍動感も力も感じなかった。
カウントを稼ごうとする球はまだしも、ここという勝負球がいずれも外側に外れすぎ、或いは中に入っていた。
それどころか力の感じない球が高めに浮いていたため、まるで打ちごろの球で、2ランを2発浴びた後はノラリクラリとして終盤まで持ち込んでいった感じだった。
一方のメッセンジャーもストレートに勢いは感じなかったところをみると、これが開幕戦の緊張感かなとも思えた。

スタメンで起用された吉川も、岡本も、硬くなっていた。
若干吉川に内容が見られた感じもあったけど、ファーストストライクから打ちに出ようとする積極性がなかったことが帰って自分を雁字搦めにし、あっさりと凡退していた。
ルーキー田中と大城に結果が出たのはその積極性があったればのこと。
いずれも初ヒットがでたことは喜ばしく、今日の試合の唯一の見どころでもあった。

オープン戦の菅野の出来は納得できるものではなかったことが、ここまで来てしまったという感じ。
いずれ状態を上げてくるだろうけど、菅野に限らず、次は飲み込んでやるという気概が大事。





2018. 03. 26  
オープン戦は優勝ということに成ってしまった。
去年のロッテのようなケースもあるから鵜呑みに出来ない結果でもあるけれど、いろいろ試せていい方向に向いていたことは確かなこと。
これから開幕までいい追い込みをしなければいけない選手がほとんどだけど、昨年と比べても選手層が若干暑くなりつつあるので、ベテランのように開幕に照準を無理に合わせられない選手もいるだろう。
時期に応じて選手同士がカバーし合えれば、チーム状況の沈滞化は免れることができるかもしれない。

若手と呼ばれる選手で、岡本と吉川が良い具合でオープン戦の最後を迎えたことにホッとしている。
走攻守すべてがうまくなんて、それこそ各チームの主力選手でもそんな選手は数少ないことからも、そんなことはあり得ない。
今の巨人ではまず打撃、そして全力疾走はもちろん、全力プレーをして結果を出すことが肝要。
ここにルーキー田中も思った以上のプレーをしているし、中堅どころの中井の打撃姿勢とスイングが良くなっていることは予想以上だった。
走攻守の中で2つの要素が秀でて戦力になれば、1軍ベンチに入れると思うけど、今の巨人には走るだけの選手はいらない。
岡本は軸足が折れず、右足に重心が残りつつスイング時の退場う移動がしっかりしてフォロースルーが大きくなっているため、長打力も粘りも出ている。
吉川は球を叩く打撃が戻ってきており、変にテクニックに走るあてるだけのバッティングではなくなっている。
速い球にどれだけ差し込まれないか、変化球の見極め、変化球への我慢が何処までできるのか我ポイントのような気がしてる。

中堅からベテランでも陽と長野の状態がよさそうで、昨年以上の戦力になってくれそう。
ライトで争っていたこの2人は、センターで機能して欲しかった重信と立岡がまるで振るわなかったこともあって、センター陽、ライト長野となりそう。
もっと若手外野手が出てきてほしいけれど、これはもうしばらく様子を見ていかないといけない。

マギーは昨年のような手探りで開幕を迎えるということもなく、それほど心配はしてないけれど、岡本のバットでの躍進があってマギーと阿部の争いになってしまった。
今の状態ではマギーであり、そうなると守備はサードということになるから岡本はファースト、阿部は代打として控えることになる。
ゲレーロは何だかんだ揶揄されることもあるけれど、それは昨年のこと。
チームが変わってツボにはまれば期待に近いものとなるはずだし、そおの姿勢は見て取れる。

問題は捕手。
小林が打撃だけでなく、守備でも精彩を欠いている。
守備の方でつまらないミスが多い。
捕手は打撃よりも守備からと思うと小林と思うけれど、大城の躍進もあるので、ひょっとすると大城が開幕スタメンマスクとなる可能性が高い。

書ききれなかった選手の中でも辻には期待してるし、山本は打撃での思考をちょっと変えれば結果がまた違うものとなりそう。
ちょっとは楽しみになってきてる。





2018. 03. 18  
オープン戦の勝敗は2の次、とは言え、勝ってるのは負け続けるよりはいいと思う。

エース級、或いは相手投手がベストピッチ状態にある時、どう打っていくのか、自分の特徴をどう見せるのかが大きなポイントではある。
ここ6試合連続で1本ずつながら、岡本が結果を出し続けてる。
これからどうなるのかが問題ではあるけれど、有言実行中で結果が出ているのは岡本の構えとフォロースルーが大きくなっていることがあげられる。
フォロースルーが大きいということは、球とバットの接点が大きくなると言うことでもあるし、長打が生まれやすい。
軸足である右足にしっかり重心が残り、そこを軸にスイングしている為だと思われるが、軸支である右足が折れやすい欠点も出ている。
まだ若く体力、筋力もある時期は良いのだけれど、これから疲れが出てきた時にどうなるおか。
ダウンではないけれど、レベルスイングでフォローが大きく、両肩が平行であることが望ましい。
結果が今のところ出ているおは打率となって表れている。
巨人の若手というと「売っているイメージがあるけれど、打率面ではこの岡本、中井、そして大城、田中というところだろうか。
数字は正直だけど、惑わされないでもっと正しいフォームで打っていてほしい。
中井は年齢的に思い切りがいいだけでは打てない境に来てることを自覚してるのか、狙いと打ち出しの方向性がいい。
ホッとしたら化けるかもしれない。

気になってるおは小林と吉川。
ヒットポイントを考え違いしてるのが吉川、
真ん中から近めの球を思い切り引っ張るバッティングをしないと、非力なイメージがついてしまう。
強い球に差し込まれるのはこういうところにあったりする。

他の野手も打率が低すぎ。
もっと結果をしっかり出さな「明日はない。





2018. 03. 11  
今日相手であった阪神のルーキー高橋、そして岩貞共にいいストレートを制球よく投げていた。
球速もあるし、威力もあった上にバリエーションにも富んでいた。
こういう一段レベルが上がったような球にどう対処するのかは、若手だけではなく、全野手の課題であり、ここに食らいついていかないとチームの打力、ひいては攻撃力の向上は望めない。
今日の試合は無抵抗に見えなかったし、こういう球を投げられて自分のスタンスが大きく崩された選手は見当たらなかった。
要するに無抵抗ではなかったので、そこは評価してもいいかもしれない。
特に目立った選手はいなかったけれど、これからも自分のスタンスを崩さず、自分のスイングをする工夫をもっと磨いてほしい。
それと差し込まれ気味の選手もいたのは確か。
投手との対決の基本はストレートを打ち崩すことに基本があるわけだから、テクニックに固執することなく、フォローを大きく取る為には振出しをどうするとか、そこを考えて鍛錬して欲しい。

今日の先発中川は、腕が振れてなかったように見えた。
2回の途中までだけど、肘が若干下がってしまい球が高めに浮いていて、そこに気づかず投げ込もうとしたために腕が振れない事態となっていた。
そこが修正されて球が低めに行くようになっていい具合になったと見えたものの、わずかな瞬間の様だった。
肘を上げて腕を鋭く振る。
その中で、ストレート、変化球の制度を上げていかないと、開幕には先発ローテーションに組み込まれるかもしれないが、長くはもたない。
期待して見てるだけに、納得できるフォームを考えて欲しいと思う。

小林が気になってる。
主戦捕手には違いはなく、こと守備的には他の捕手たちよりも群を抜いている。
打撃が課題とされて結果が出ていないことのが焦りとなっているかもしれない。
年齢的にも高くなってきて先頭に立って、という意識が強過ぎるかもしれない。
細かいミスが目立っている。
自分の出来ることは何かを攻守においてもっと考えて欲しいと思うのだけれど。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
568位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
92位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR