2017. 05. 14  
広島8対巨人1

負け投手:田口 麗斗3勝1敗

最近の登板では最もいい球を投げていた先発田口。
でもバックが足を引っ張った。
初回と3回の中井のプレーは、プロのセカンドを守ろうというレベルのものではなく、思わず「ヘタクソ!」と声が出てしまった。
出来の良かった田口が被弾し、その後継投へ打って出たが、昨日も書いたように宮國が出てきた時点で試合終盤の惨劇は予想がついた。
使いどころの問題もある。
けれど、リリーフとしてどういう投手を準備させ、用意させていくのかが問題で、相手打者が右から始まるから右投げ投手、左打者を迎えるから左投げ投手でと、決めつきすぎてはいないか。
右のリリーフは不足しているが、左投げは、、、と考えるとそのタイプとここまでの状態をしっかり見て、しかもベンチがどういう野球をしようとしてるのかをしっかり伝えておかなければいけない。
ブルペンとベンチの意思疎通がうまくいってない。

投手もそうだけど、今日の相手は右の岡だということもあって、橋本、重信の、1,2番を組んだ割には6,7番に石川、中井を並べてる。
先日打順を変えたばかりだというのに、この変更には意図を何も感じない。
ほとんど機能しなかったけど、起用された選手選手の最近の動向をベンチはどう考えているのか。
野手のバットがつながっていかないのは、何処に原因がるのかをしっかり把握せず、その場限りの起用に見える。
代打起用についても同様で、起用するにしても何故亀井、村田の順だったのかは大いに疑問。
代打として誰が控えてどういう状態なのか、戦況として何処で代打を送るのか。
ベンチの意図が正しいとは思えない。

こんな野球をしていては負けて当然。
7回を迎えたところで、見るのをやめたけど、結果を見ると予想通りの負け方をしてる。
今の野球では展開を相手の読まれやすいし、意図を感じないから尚更だけど、ファームの方はどうなっているんだろうとよく考えているこの頃。





2017. 05. 13  
広島11対巨人2

負け投手:マイルズ・マイコラス4勝2敗
ホームラン:阿部7号2ラン

今週は阪神・広島と5試合の予定で、いずれのチームも上位チームであり勢いもあり自力もあるチームとの対戦で、チーム状況をしっかりさせていくためにも内容のある試合をしないといけなかった。
だから当初目論んでいた先発ローテーション投手は崩すべきではなく、いくら右のリリーフが不在であり、先日宮國が無様な崩れ方をしたと言っても1試合であって、昨日の試合が雨天中止になったことで昨日の先発だったマイコラスがスライドしてくることについては、良い材料は見当たらなかった。
試合開始前の数時間前の中止ではなく、スタメン発表から試合開始ギリギリの中でもあったことから、マイコラスの気の張り方が問題だと思っていた。

案の定、今日の立ち上がりはいつものマイコラスとは別人で、気の張りをどこかへ置いてきてしまったようなピッチングだった。
丹念に低めを突くような投手ではなく、外国人投手の場合特に気の持ち方で隙ができる傾向にあるところをやっぱりつけ込まれていた。
その証拠に、気を持ちなおそうとした初回以降はマズマズ。
初回にいきなり3失点してたところで打つべき手が後手に回り、ここで今日の敗戦は覚悟してた。

打つべき手が後手に回ったのは、脇谷が代打起用された場面もそういうことで、突っ込むべき場面で突っ込もうとしないとこういう試合になる。
8回の大量失点もそういう流れにあったということで、まあやられ過ぎだな。
中川に関しては、ここまで厳しい場面での登板や打撃技術とパワーに溢れた相手に登板したことがないこともあって、あたふたしてた。
フォームもクセがなく、投げる球も素直なので、なにかこれだという武器を身に着けないと1軍での登板は苦しい。

相手の岡田がメリハリの利いた力のある球を投げていたし、打者はいつもいつも自分のスイングができるわけでもないから、こういう後手に回った試合展開で打てなかったことは仕方がない。
まだ、期待できる状況ではないということだけど、阿部が上昇傾向にあることだけが好材料だった。





2017. 05. 10  
巨人9対阪神7

勝ち投手:大竹 寛4勝1敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗10S
ホームラン:阿部6号2ラン、坂本5号3ラン・6号ソロ、マギー6号ソロ、長野1号ソロ

派手な花火大会のようだった。
阿部のホームランを見てると、バットの軌道が戻りつつあることを確認できたし、坂本のホームランは2本とも実見事な裁き
で右方向へのあたりだった。
マギーの1発もホームランにすることは難しい低めの球で、状態が上がってきてることを感じさせてくれた。
長野はまだまだだけど、今日の1発は彼らしい右方向だったし、凡打した打席でも その傾向が出てきてるということはようやく最低の状態から抜け出そうとしてるのかもしれない。

今日は予想通りトップに石川を起用し、機能したことが収穫だった。
相手が左腕岩貞ということもあり、立岡の状態がいいのか悪いのか分からないこともあったけど、石川の思い切りのいいスイングはその後の打者に影響を及ぼしていたのかもしれず、5本ものホームランを引き出す要素になっていたかもしれない。
ホームランがたくさん出たから欲張ってはいけないけど、今日のタイムリーは小林の1本だけ。
タイムリーを重ねることで打線に勢いを呼び込んでほしいと思っていたけど、それ以上の効果だったかもしれないが、これを勢いに結び付けていってほしい。

先発大竹は、反省点がたくさんあった。
先制した後失点したことや四球で降板するなど、やっぱり球数が80球を超えたあたりになると崩れてくる。
7回のマシソンの登板は、阪神打線を止められるのは彼しかいないのだから当然の起用だった。
だけど、大竹の早すぎる降板がそうした事態とカミネロのイニング跨ぎを招いてしまった。

派手な試合に見えたけど、起用面と戦術面では課題が多い試合でもあった。
でも勝ちは勝ちだから、もっと打線が打線であるために、リリーフ陣の起用状況と場面については更に効果が上がるよう試合を見つめ直してほしい。





2017. 05. 09  
巨人2対阪神4

負け投手:菅野 智之4勝2敗
ホームラン:マギー5号ソロ、石川3号ソロ

4連続完封などと騒がれていたけど、試合開始前からそんな気もなかった。
ただ、予想外ではありながら今の菅野なら立ち上がりがどうなるかと思っていたけど、2失点は予想外だった。
ただ、好調さとは長続きしないもので、4回の登板のうち1度の割で今日みたいなことは起こりうるので、今日の敗戦は菅野、という訳でもないだろう。

気になったのは石川の素晴らしいあたりがホームランとなって、打順が小林、菅野と回った時のこと。
ホームランは出てもまだ劣勢であったこの展開は、果敢に攻めに出ないといけない場面でベンチは動かなかった。
菅野のイキに賭けたのかどうかは分らないし、次を投げる投手がいないという事情があったのかもしれない。
それでも、勢いをつけ劣勢を少しでも挽回して、勝ちに行くのならここは代打だった。

今日のトップ立岡、2番中井、3番坂本が揃って4-0だった。
阿部が猛打賞だし、マギーがホームランを含む2安打だったこと思えば、彼らの前を打つ3選手が一度も出塁出来なかったことがソロホームラン2本の2得点だけになってしまったことは明らか。
坂本はともかく、1番、2番を打つ選手の出塁率が上がらず、打率も低調のまま。
打線を打線として繋がりを持たせるなら、1,2番の出塁率を何とかし、勢いをつけるための打者起用が必要。
もう切り替え時なんだろうな。
それと長野は、一度見切りをつけた方がいい。





2017. 05. 07  
中日8対巨人

負け投手:内海 哲也1勝3敗

立ち上がりからして怪しかった。
相手が6連敗中の中日ということもあって2回までは無失点で行けてたけど、ストレートを投げれば抜けるは落ちるは。
変化球で活路を見出そうとしても決まらない挙句に、腕だけで投げて置きにいってしまった。
コース的には難しかっただろうけど、ゲレーロに打たれた球はまさしく置きにいった変化球。
ついでに打たれたビシエドの1発も球種こそ違えど、置きにいった変化球ということでは同じ。
挙句の果ては出塁されてることお構いなしで振りかぶり、途中でやめるから当然のボーク。

投手が必死に投げて打たれようものなら、野手もその気になろうとするわけで、今日の内海のように逃げから投球動作を始めてるんじゃ、今日の結果は当然。
救いは最終回の石川のスイングだけだった。

何をどう考えたら、あんな逃げの態勢になるのか。
プロの野球選手たるもの、戦士と同じで常に戦闘態勢で前のめりで居なければいけないんじゃないのか。

見てるのも呆れ果てたので、途中で止め。
今日の内海だったら、1軍にいる資格はない。





2017. 05. 06  
中日1対巨人

勝ち投手:田口 麗斗3勝
ホームラン:坂本4号ソロ

先制弾となった坂本のホームランは、いろんな意味ですごいホームランだった。
どんな先発投手でも立ち上がりは無難に行きたいともって投げ始めるけど、失投という球でもなく、いい球をいいコースに投げ込めたと思った球をセンターバックスクリーンに放り込まれたら、そりゃあショックだと思うよ。
あの低めの内角よりの球をあそこまで飛ばしたのを見たのは2回目。
先制できたという意味でも、あの球を抛り込む凄味みたいなものでショックを与えていたという意味でも、すごいあたりだった。

それでも中日大野を打ち崩したという印象は薄い。
マギーもよく打ったし、長野も意外な猛打賞だったし。
今日のスタメンで打てなかったのは立岡と村田。
立岡に関してはそういう時もあって毎日打てるわけじゃないと思うけれど、村田に関しては試合に出ていない感覚のズレを感じる。
阿部の披露から来てる身体のハリが気になるところで、そうであればもっとファースト村田という形で使うケースが多くてもいいとは思うけれど、実戦での勘が鈍いのなら4番起用には疑問符が付く。
マギーの状態が上がってきつつあり、淡泊さも減少傾向にある事から4番マギーという起用を軸に打順を考えてもいいと思う。
猛打賞とは言え、長野の打撃はまだ顔がレフトスタンドに向いてる状態では、坂本の一発でショックを受けた投手だから打てたような感じでアテには出来ない。
どうしても打線的な流れで考えれば、4番と7番以降でキレてしまう。
石川が出てくてくれてるので起用法によっては7番はカバーできるけど、4番はなあ、、、
3番坂本が打線の中核になってるので、4番に誰を起用するかは大事。
村田は下に下げてマギーなら、、、と最近のマギーの状態を見てるとそう思う。

今日は巨人戦の後、阪神の大逆転を見てたけど、8番起用の梅野がいい打撃をしてた。
巨人も8番起用の小林が問題だし、2安打はしてたけど、4回の「スクイズ失敗は柳の下のドジョウの2匹目を狙ってたのか、いただけないシーンを見てしまった。
昨日も感心などしなかったけど、自分の形でどのコースの球も打ち返すことが大事なのであって、トリッキーな試みなど不要。
内角は左に、外目の球は右に自分の形で叩いていくことで打撃力を向上して欲しいし、そうでないと巨人打線は7人になってしまう。
リードと打撃は比例するもので、どっちつかずが最も良くない。
先発田口の不安定さを強気の攻めで好リードを見せていたので、それを考え違いしないで打撃に生かしてほしい。





2017. 05. 05  
中日2対巨人

勝ち投手;マイルズ・マイコラス4勝1敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗9S

経過しか負えなかった今日の試合。
状態の上がらないチーム相手にやるような試合じゃない、というのが率直な感想。
エラーがあったとは言え征西を許し、これも状態が上がってこないビシエドに1発食らうなど、結果的には好投だろうけど、エース格の投手としてマイコラスは思い切り反省して二度と繰り返さないようにしないと。
バルデスの出来は良かったかもしれないけど、今日みたいな試合展開が多すぎる。

8回の攻撃は、相手投手とのからみがあったとは言え、チャンスで今日当ってた石川に代打とは、、、
代打の出し方には疑問が残った。
亀井が打ったから良しではなく、ここは当たっていたのだから石川はそのまま打たせて次の小林で代打ではなかったのか。
小林にスクイズのサインは、小林はバントが下手ということをどうとらえていたのか。
しかも、一旦は失敗し、再度仕掛けたのが相手の捕手がポロリとやったということだけで、何のうまみもない。

勝てない、打てない、得点できないの3拍子があるのなら、もっと選手の特性やその日の状態を見てタクトを振わないと、今日みたいな試合運びは相手が勝手に転んだだけで、今後にはつながっていかない。
喜びもない。
相手もプロのチームだけど、こういう試合をやるということは巨人もチーム状態がよくなく、優勝を目指すような試合ではなかったと思う。





2017. 05. 04  
巨人2対DeNA5

負け投手:宮國 椋丞3敗
ホームラン:坂本3号2ラン

今年初の生観戦となったけど、予想外の2連勝に嫌な感じがしてた。
あまりチーム状態の良くないDeNAだから、ポイントさえ乗り切れば勝てそうなところもあったけど、勝ちきれないところが近喜の今の巨人の姿でもある。

四球は投手のエラーと考えてるから、そこを補うどころか2ランを浴びてしまったのは配球バランスが良くなかったかもしれない。
続いて信じられないエラーをしでかした中井のプレーをカバーしきれず、ここでも2ランを浴びてしまったことも同じことが言えそう。
自らのエラーとバックのエラー。
ここを凌いで初めて白星が転がり込むのであって、ホームランを浴びてしまったこと自体、しばらく勝ててない宮國の状態を現わしているのかもしれない。
調子がいいとか良くないとかの問題ではなく、踏ん張りどころでの気持ちの持ち方に問題があったということ。
そこで今日の敗戦が決まった。

エラーした中井は7番でヒットを重ねていたけど、どうも守備的な構えに問題がありそうで、これでは信頼感は生まれない。
しかし、今の中井の位置ですら脅かす選手がいないのは寂しい。
何とかしようとしていたのは坂本一人の状態では、5点のビハインドはそのまま敗戦に直結してしまい、阿部の状態が気になって仕方がない。
じゃあ、打順的な問題かというと、多少打順を組み替えてもそれほどの期待は出来ず、各選手の状態を引き上げる為の作戦をチームとして考えないと、今後立ち行かなくなる可能性もある。
選手の状態を選手だけに任せていたのでは、いつまでも同じような状態が続くということ。
作戦と起用面から選手の状態を引き上げていくことも仕掛けられるので、そこをもっと考えてほしいということ。

いつも生観戦できるほどヒマじゃないので、こういうつかみどころがない敗戦は勘弁してほしいところだな。





2017. 05. 03  
巨人4対DeNA1

勝ち投手:大竹 寛3勝1敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗8S

今期の大竹は、これまでにない状態の良さを感じる。
ロペスに1発食らったけど、それ以外6回までの内容は力感もありメリハリも効いて、いいピッチング内容だった。
この大竹という投手は6回か投球数が100球位までならこういうピッチングができるけど、7回以降か100球を超えた投球数になると頼りなくなる。
やはり今日も出てしまった。
6回のピンチのような場面で、筒香やロペスといった相手の主軸を向こうに回してストレートを投げ込んで打ち取ったところで大竹の仕事は終わってた。
監督の言うもう1イニング投げ切るという課題は、今のウチに克服させるのか、そこで見切ってゲームプランを考えるのかということになるけれど、全く余裕のないチーム状況において克服など考えなくていい。
見てるこっちは7回を誰が投げるんだろうと思っていたし、予想に反して続投させ、結果としてマシソンのイニング跨ぎとなってしまった。
確かに今現在のマシソンは状態の良さを継続させてるし、7回1イニングを任せられるリリーフがいないということがあるけれど、こういう使い方をしてると肝心な時にマシソンが壊れてしまいそう。
考え方次第だろうけど、誰かひとりに7回を任せるのか、複数のピッチャーで凌ぐのかブルペン担当は勿論、ファームの投手担当コーチも含めてどう状況を打開していくのかは、大きな課題でもある。

今日の試合は先制を許した後、直後に逆転したのが勝因と考えると小林のタイムリーとなるだろうけど、その前で亀井が彼らしいバッティングでチャンスを広げていたことがそれを呼び込んだ。
最後の追加点となった阿部のタイムリーは、今日の試合というより阿部にとって状態をしっかり把握するためには必要だった打撃じゃないだろうか。
立岡の存在感が日ごとに大きくなってるけど、言ってみればわき役陣が打って勝利に結びつけた試合。

継投にも納得できるところがあったわけでもないし、なんともつかみどころがないような試合だった。






2017. 05. 02  
巨人5対DeNA0

勝ち投手:菅野 智之4勝
ホームラン:坂本勇2号ソロ

28年前の斎藤の投球も見てた。
また完封してくれたか、、、という頼れて気持ちのいい感じがそこにはあった。
完封ありきの投手だった斎藤は、完投が当然の勝ち方とも取れるピッチャーだった。
かの江川でも3連続完封なんてあっただろうか。
プロ野球記録は、巨人・藤本の6連続ということで上には上があるということなんだけど、時代的には比べようもない。
この28年もの間、巨人だけではなくプロ野球の世界に誰もこういう快挙が出来なかったという喜びみたいなものを感じてる。

菅野のこの快挙は、昨年までの辛苦が当然ベースとなってあるもので、こういう瞬間に見ていられたことの喜びは斎藤の記録の時と同様だね。
確かに序盤は安定してなかった。
今日の具合の把握ができるまで時間がかかったけど、それでも失点しなかったのはこれまでの辛苦が生きてるし、それ以降はっ菅野onステージで独壇場のようなものだった。
解説者はガチャガチャ言ってたけど、そんなの余計なお世話で、そこまで言う程の記録は残せなかったくせ注文だけは多いという感じで、今日だけは解説者は不要だった。

坂本の打席も見事だったし、バックスクリーンに放り込んだ球はあそこまで打てるのは大したものだと感嘆しきり。

だけど、今日の主役は菅野というエースピッチャーだった。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
576位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
96位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR